JAバンク静岡 トップ > お客さま窓口 > JAバンク相談所

JAバンク静岡相談所

トラブルやご相談の際にはJAバンク静岡相談所をご利用ください
  • JAバンク静岡相談所について
  • 相談所の構成と受付・対応
  • 都道府県別の相談所一覧
  • 「仲裁センター」の利用について
  • 苦情等の解決に関する規則

「仲裁センター」の利用について

「仲裁センター」の利用を希望する場合は、「JAバンク相談所」所定の「仲裁センター利用申出書」によりお申し込みください。
「JAバンク相談所」は、利用者の希望について、JA等に通知し、意向を確認の上、仲裁手続きについてご連絡いたします。
なお、仲裁センター利用の詳細については、以下のQ&Aをご覧ください。

弁護士会「仲裁センター」利用についてのQ&A

「仲裁センター」とは何ですか?

「仲裁センター」は、裁判や民事調停に比べ短期間で紛争を解決することを目的として、弁護士会が設置・運営している機関です。
経験豊富な弁護士があっせん・仲裁人となり、申立て人(お客さま)と相手方(JAバンク静岡)の双方の主張をよく聞いたうえで、話合いにより紛争を解決できるよう和解のあっせんを行ったり、双方の合意に基づき公平・中立な立場から仲裁判断をしたりします。
全国農業協同組合中央会(以下「全中」といいます。)は弁護士会と協定を締結し、「JAバンク相談所」を通じて弁護士会が設置・運営している以下の「仲裁センター」にお取次ぎいたします。
(協定を締結している弁護士会およびご利用方法等の詳細については、「JAバンク相談所」までお問い合わせください。)

お取次ぎ先「仲裁センター」

  • 静岡県弁護士会あっせん・仲裁センター

どのような時に利用できるのですか?

「JAバンク相談所」がお取次ぎするのは、個人のお客さまで、原則として「JAバンク相談所」への申し出から2か月以上にわたり苦情が解決していない場合です。

ただし、以下に該当する場合は除きます。

  1. 取引の名義人がお客さま本人でない場合(相続等明らかに合理的な理由ある場合は除く。)
  2. 苦情の原因である取引の取引日から3年が経過している場合
  3. 訴訟が終了もしくは訴訟中、または民事調停が終了もしくは民事調停中のものである場合
  4. 弁護士会のあっせん・仲裁手続きが終了もしくは手続中のものである場合
  5. JAバンク静岡の経営方針や融資態度、あるいはJAバンク静岡の役職員個人に係わる事項など、事柄の性質上「仲裁センター」の利用が適当でないと認められる場合など

以上のほか、仲裁人の判断で利用をお断りする場合があります。

利用するためにはどのような手続きが必要ですか?

「仲裁センター」の利用を希望する場合は、「JAバンク相談所」所定の『弁護士会「仲裁センター」利用申出書』によりお申し込みください。
「JAバンク相談所」は、お客さまの「仲裁センター」利用の希望について、相手方JAバンク静岡に通知し意向を確認のうえ(注)、後日お客さまに「仲裁センター」の「受理通知書」を郵送いたします。

(注)JAバンク静岡は、裁判や民事調停により解決を図る等の理由がある場合には、お客さまからの「仲裁センター」利用の求めに応じないことがあります。

費用はどれくらいかかるのでしょうか?

あっせん・仲裁の申立時に必要となる申立手数料および1回の話合いごとに必要となる期日手数料は、全国農業協同組合中央会(全国JAバンク相談所)で負担いたします。
お客さまにご負担いただくのは、「仲裁センター」までの交通費等のほか、解決した際に解決額に応じて必要となる成立手数料(通常、JAバンク静岡と折半)です。
なお、具体的な手数料の金額等は各「仲裁センター」によって異なりますので、「JAバンク相談所」にお問い合わせください。

詳しくはお近くのJAで

  • JAバンク静岡相談所について
  • 相談所の構成と受付・対応
  • 都道府県別の相談所一覧
  • 「仲裁センター」の利用について
  • 苦情等の解決に関する規則